So-net無料ブログ作成

ソニー天国

 未だミュージカル熱冷めやらぬなか、今日もアステア主演のミュージカル映画『イースター・パレード』(MGM)を観る。お正月以来、ずっとこれだから、我ながら呆れる(笑)アステアには、壁床、天井と動き回るシーンが有名な『恋愛準決勝戦』という映画があるけれど、故・水野晴男さんによると、SF映画『2001年宇宙の旅』は、このトリックを用いた映画で、その後、S.スピルバーグが最初にプロデュースした『ポルターガイスト』という映画も、やはり、このトリックを用いた映画なんだとか。やっぱりフレッド・アステアは偉大だなぁ。

 S.スピルバーグが監督したウィル・スミス主演のSF映画『メン・イン・ブラック』が公開されたのは1997年。このヴィデオはソニー・ピクチャーズから出ているけれど、レンタルではなく、市販されている方には、ウィル・スミスのミュージック・クリップが入っている。そこにはダンスシーンもあって、そこで踊っているダンサーというのが、ボクが前に擦り切れる程観たといった
マライヤ・キャリーのヴィデオのダンサー。彼らはマイケル・ジャクソンのヴィデオにも出演していて、振り付けも担当している。ちなみに、これらのミュージシャンは、みなソニー所属(または、かつて所属)のアーティスト達。

 彼らダンサーは’90年代に“アメリカ屋”のCMで悶絶するようなダンスを披露しているけれど、ボクの所有する大量のヴィデオの中には、例えば、こういった“激レア映像”がいくつもある。それはいいとして、実は、その中の1人が、Cheek to cheek(アステア主演の『トップ・ハット』で使われている曲)に合わせて踊るシーンが素晴らしい’80年代の映画『タップ』に子役で出演しているというのを知ったのは、ついこの間のこと(ちなみに、この映画もソニー!)。そして、これが日本語になるのも、「the UK Theater」が最初ということになる。

 ボクは、こういった海外のPVに影響を受けてダンスを始めたわけだけど(20年近く経つ)、今は専らタップダンスに夢中(注1)。そういえば、何年か前に、ソニーが
MGMを買収したという記事が新聞の経済面を賑わせていたっけ。ソニーに限らず、彼らのようなダンサーをバックに唄えるアーティストというのはあまりいないから、ホントにいい買い物をしたなぁ。まだまだ話しは尽きないけれど、これから、ソニー・ミュージック・エンタテイメントのオーディションを受けるために、アメリカまで行かなければいけないので、今日はこの辺で。あっ、でもオレ、I love you.しか喋れなかったんだ、どうしよう(笑)  (2010.02.09)



 注1・・・昔よく遊んだ西麻布のCLUBで“オフ会”をやるというのは、ずっと考えていたことなので、もしかしたら、そこで私のダンスが観れるかもしれません。今は、海外にファンドを設立するための準備が忙しく、それどころではありませんが、暖かくなった頃には、詳しい場所等をお知らせできるかと思います。店のキャパが小さいといった制約はあるものの、特に参加資格といったものは無いので、時間のある方は、ぜひ遊びに来てください。


ホームスティール

 今月は、ウオッカがドバイの本番を回避したり、高松宮記念に出走予定だったセイクリッド・キングダムが出走を辞退したりと、随分、肩透かしを食らった感がある。それは、“大井競馬場”をやるというので楽しみにしていた『みなさんのおかげです』もそうで、板東英二が出てきた後、大井競馬場をやると思いきや、苗場スキー場をやって番組は終了。ただ、こっちの方は、バナナマン(旧ソ連顔の方)がメチャクチャおもしろかったので、まぁ良しとしよう。

 それにしても、『私をスキーに連れてって』かぁ。もうスキー場に足を運ばなくなって、だいぶ経つけれど、これを観ると、いつもスキー場に行きたくなるのは自分だけだろうか?ボクは、この映画や『就職戦線異状なし』といった、フジテレビが手掛けた映画というのが割に好きで、今でも、この時期になると観るといった具合。思春期の頃によく観たというのもあるのだろう。今も思春期かどうかはさておき(笑)、将来の夢が“大手企業に就職”といった、夢のない(?)中学生だったのも、こんな映画が影響しているのかもしれない、なんて。

 『就職戦線異状なし』という映画には、主人公と親友の2人が、誰もいない夜の野球場で野球をするシーンがあるけれど、これはジョディ・フォスターの出ている『君がいた夏』という映画からきてるんじゃないかな。『
ロッキー』と同様、フィラデルフィアを舞台にしたこの作品は(注1)、内容はもとよりサントラも最高で、もう何回観たか分からない。ところで、もし、自分がいま何をやりたいか分からないという人がいたら、この映画を観るといいかもしれない。この映画の原題は“STEALING HOME”(ホームスティール)だけれど、HOME(本塁)とは、小さい頃の自分ということなのだから…

 ~解説~
本塁  少年時代
 ↓
 1塁  高校生(ホームスティールの場面)
 ↓
 2塁  フィリーズ入団
 ↓
 3塁  今の自分
  ↓ ●ホームスティール (1塁と同じ場面)
本塁  また本塁から1塁へ
                   ⇩
やりたいことは、未来ではなく、すでに自分のなかにあるんだとか…
    (2010.03.16)



 注1・・・『ロッキー』がフィラデルフィアというのは、さして目新しい知識ではありませんが、ハリウッド映画には“フィラデルフィア”を題材にしたものが結構あるので(例えば『フィラデルフィア物語』etc..)、これがどういった意味を持っているのか?それが今取り組んでいる研究課題なわけです。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。