So-net無料ブログ作成

X’mas プレゼント

 あと何日もするとクリスマスです。毎年、クリスマスになると必ず観る映画 があるということは、何年か前に「旧ヒジチョーモク」に書きましたが、実は、それ以外にもう1本、毎年必ず観る映画があるので、今日はそれについて書いてみたいと思います。舞台はやはりNYなんですが、(それにしても、ウッディ・アレンが住むあそこは、なて“雪”が似合うんだろう!)もう何回観ただろう?

 その映画というのは、『天使のくれた時間』(日本語吹替版!)です。ニコラス・ケイジ扮する投資会社の社長が、ある日突然、タイムスリップして、昔別れた彼女と夫婦生活を送るといったストーリーで、2000年に『ラッシュアワー』のブレット・ラトナーが監督しました。時にはいい映画も撮る(笑)おそらく、この監督は、織田裕二が主演した『お金がない』というドラマを観ていたのではないでしょうか。もちろん、このドラマも素晴らしい。

 この映画にしろ、『お金がない』にしろ、出世した人間ほど、その意味がよく分かるといった感じの作品です。つい最近、中野(呉?)某という評論家が立川自堕落(笑)に批判されていた、それはどうでもいいんですが、その中野某の相棒みたいなオバサンは、かつての自身の本に「この映画は、『アメリカン・ジゴロ』の焼直しみたい」だと、あまり評価をしていませんでした。まあ、無理もありません。『ハドリアヌス帝の回想』でも読むことにしよう。

 以前も登場した『映画千夜一夜』という本は、自分にとってバイブルみたいな本です。いつかも、この本をめくっていると、「『ペギー・スーの結婚』はタイムスリップ云々」とあったので、「なにか『天使のくれた時間』みたいだなあ」と目に止まりました。まだ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のベースになっているような、この映画を観たことがなかったので、さっそく調べてみると、なんと主演はニコラス・ケイジ!

 この映画の監督はフランシス・コッポラで、ご存知『ゴッドファーザー』の監督です。『ゴッドファーザー』では、妹を出演させたり、あるいは、父親に音楽を頼んだりしていますが、イタリア系というのは“家族”を大事にするんですね。ソフィアと一緒にPizzaを食べるのかな(笑)そういえば、コッポラはニコラス・ケイジの伯父さんでもありまし(!)。ところで、『天使のくれた時間』ですが、原題は“THE
FAMILY MAN(※) ”です。当時の映画メモを見ると、世界で一番好きな映画だと書いてある。メリークリスマス!!



※ちなみに、ニコラス・ケイジには“ザ・ウェザーマン”という映画もありますが、こっちはヒドイ。『オースティン・パワーズ』のようなオバカ映画が好きな方はどうぞ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。